ビタミンC誘導体化粧水を選ぶチェックポイント!

化粧品はなぜか時代と共に、進化し、変貌していきますね。

そんなに、美容成分って色々発見されるもんなんだと、びっくりしてしまいます。

あまりにも多い美容成分。どれをつけたらいいのか選ぶのも一苦労ですが、人それぞれ体質も遺伝子も違います。知り合いがいいと言っていても自分には合わなかったというのは、その方が、野菜が好きなのか、甘いものが好きなのか油のものをよく食べるのか、ちゃんと消化機能が働いているのか。という個人の体質によって違います。自分に合った化粧品を探すためにしっかり勉強していきましょう。

今回は、『ビタミンC誘導体』についてです。

ビタミンC誘導体を含んだ化粧水に関してはこのサイトも非常に参考になるので見てみて下さい。http://startup-retos.com/

「ビタミンC誘導体ってなんでしょう?」

ビタミンCといえば体にいいものっていうのをなんとなく感じておられると思います。ただ、体に取り入れるビタミンCも、沢山摂取したからと言って効果がアップするわけではなく、余分なビタミンCは排泄されてしまします。トイレがちかくなったりするのもそのせいですね。

とっても壊れやすいビタミンC。その、ビタミンCを壊れにくく、お肌の表面から高浸透させる為に開発されたのが、ビタミンC誘導体です。

ただ、不安定なビタミンCを安定化させる為にリン酸などを加え誘導体にしていますが、誘導体のままでは本来のビタミンCとは言えません。ビタミンCの働きをしなくなっています。

誘導体の中の物質が、体内の酵素により分解されたときに初めてビタミンCの効果が出ます。

美肌を目指すには生野菜や発酵食品を食べて体内酵素をしっかり増やすことも大事ですね。

「ビタミンC誘導体は肌にどんな効果が表れるの?」

昔レモンやキュウリの輪切りをお顔の上にのせると美容効果があると言われた時代がありました。前述したようにこれもビタミンCは吸収されないのでタブーです。

しかし、ビタミンC誘導体にすることで沢山のお肌のトラブルに絶大な効果を発揮してくれます。

小じわやたるみは、化粧品に含まれる化学物質や紫外線、摩擦でお肌の弾力繊維エラスチンやコラーゲンが壊れることが原因です。ビタミンC誘導体入り化粧水でお手入すると、肌の内部まで浸透し弾力繊維を回復してくれる抗酸化力が働きお肌の張りが戻ってきます。

また、紫外線にあたったお肌は水分も蒸発し活性酸素がたまります。基底層にあるメラノサイトが出てきてシミやくすみ、そばかすを増やします。

ビタミンC誘導体をお肌に浸透させると、シミの原因であるメラニン色素の生成を抑えることができます。肌の表面0・02ミリの角質層を水分で十分保湿をしてあげることが大事ですが、ビタミンC誘導体を補給することで、コラーゲンを生成しシミを防ぐことができます。

また、弾力や張りがでることからもアンチエイジング効果があると言えます。

「ビタミンC誘導体を使った化粧水は他の化粧水と何が違うの?」

安定しにくいビタミンCを安定させるためにビタミンC誘導体が開発されました。

ビタミンC誘導体は化粧水配合が一番良いとされています。ビタミンC誘導体には水溶性と、油溶性、両性の3種類があります。油溶性のビタミンC誘導体は水溶性に界面活性剤により油分を結合させているのでクリームなどの配合に適しています。水溶性と両性のみが化粧水配合に適しており、両性は水溶性・油溶性の両方の成分を発揮できるため、最も肌への浸透力が良いとされています。お肌への浸透力を増した化粧水は、肌トラブルの改善につながります。

様々な美容成分がある中でビタミンC誘導体の配合された化粧水はいろんな肌トラブルに対応でき美容効果を発揮してくれるのです。

「ビタミンC誘導体化粧水はニキビにも効くの?」

ビタミンC誘導体配合の化粧水は、体内から排出される過剰な脂分を軽減してくれます。ニキビ肌の方は特に、体内で消化吸収されなかった脂分がお顔から出てくるのでどのようにお手入れをするかで肌表面の見た目が変わってます。毛穴から出る皮脂にばい菌が不着して赤みのあるニキビになりますが、そういったニキビの炎症を抑える効果もあります。セラミド合成促進効果で毛穴を引き締め目立ちにくくしてくれます。血行を促進しお肌のターンオーバーを早めてくれるのでニキビ跡の改善にもいいですね。

「ビタミンC誘導体化粧水のベストな使い方は?」

どんなお肌の方でも使っていただけますが、特に注意したいのは乾燥肌や敏感肌の方。

『ビタミン○○○』と書かれた化粧水は沢山ありますので、選ぶときに気を付けたいことがビタミンC誘導体の配合率です。日本では化粧品の配合成分を掲示する義務があり、配合量の多いものから順に記載されています。

値段に比例するとまでは言えませんが、配合量の高いものはやはり、安価では購入できません。パッケージの裏にある成分表をみて、上位にビタミンC誘導体の表示があれば選んでもいいかも知れませんね。

ただ、ビタミンC誘導体には皮脂の分泌を抑える作用がある為、乾燥肌や敏感肌の方は濃度の濃いものはおススメしません。濃度の低いものを選び、保湿がしっかりできるものを選んでください。

また、敏感肌の方は事前にパッチテストを行うことをおススメします。

自分に合った美容成分を見つけて、さらなる美肌を目指してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です